FC2ブログ

旅の一歩(出張の準備)

出張に行く際の準備は万全ですか?準備の備忘録や旅行の記録を伝えていきます
2018/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2018/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居酒屋へ

 出張での夕食は 1人で食べるのも珍しくないが その殆どは、コンビニ弁当で済ませてしまっている。

 今回も同様に コンビニで・・・ と思ったが、会議も早く終わったので、近隣の観光でもしようかとホテルにあった観光案内を見た所 電車で少し移動した所に弥彦温泉場があるのがわかった。

 ちょうどこの時期に 秋祭りを行っている様子だったので 少し気合いが入って行く気になった。


 早速、電車の時刻を調べると、夕方の電車で行っても滞在時間は約1時間しかない事がわかってがっかり。

 最終電車があまりにも早すぎるので 計画早々挫折したのであった。

 さすがに 雨降る中 早足で近隣を回っても 落ち着かないのと 風邪を引いても困る。

 考えてみたら、久しぶりの新潟県である。

 これはやはり 地元産を食しなければならないと 美味しい食事場所を探す。

 新潟と言えば米所 おいしい 日本酒がある。

 ネットを見ているとホテルの近くに雰囲気の良いお店を発見。

 今日の夕食場所は 新潟の美味しい日本酒に合うお店見に決定した。

 ホテルを出た時には雨も止んでいた事もありゆっくりと移動

 予想通り 店の外見から良い雰囲気を 醸し出している



 目的の玄関まで来たところで 急に 大雨が降り出して 駆け足で店に入る。



 時間も早いこともあり まだ それほど 混んでいない様子。


 早速、 案内されて カウンターに座る。


 そのカウンターの向こう側では 忙しそうに 板前さんが料理を作っていた。



 通常であれば 最初は 「ビール」と言って 注文する所だが、ここはじっくり 日本酒を探すことにした。



 
メニューを見ながら 地元の美味しい食材を探す。

さすがに太平洋側とは違う食材を使った料理が並ぶので どれにしようか  目移りしてしまう。

先ずは お通が運ばれてきた。


 
どうぞ 日本酒で食べてくださいとばかりに さりげなく、堂々としたものだ。

注文は決まった。
先ずは、地元の刺身盛り合わせ 佐渡沖で捕れたものだ。
それと 日本酒



来てみて驚く この盛り合わせが1.000円以下とは!

気を良くして 新潟の有名な地酒を飲むことのできるぐい飲みセットと他理でとても美味しく頂くことが出来た。



たまに リフレッシュも良いものだ
スポンサーサイト

アクアホテル

 今回は 新潟県 燕三条駅近くのアクアホテル(AQA HOTEL) 燕三条駅前店ホテルに宿泊。

宿泊の予約を自から行っていなかったので、駅に着いてから、ホテルは何処かと駅に設置にある地図を見る。

しかし、土地感も無く いまいち分かりにくかったので、携帯電話で再検索

出口がわかったので 燕ロから出て移動した。

秋も深まって来たこと、あいにく雨も降っていたので寒ぃ思いをしたが、駅の目の前だった事もあり それ程苦もなくホテルに着いた。

1階は飲食店で、フロントは2階の様だ。
エレベーターの隣に何故かつまみ等の自販機が置いてある。
また、階数を押すボタンの隣には宿泊者以外でも入浴出来る掲示板が設置されていた

 温泉付のビジネスホテルであることをその時知った。

 2階のフロントでチェックインし 再度 エレベーターに乗る
 温泉は最上階の様で、入浴の場合には 各室内に記載しているパスワードで開く様である。
 室内に入ると、長椅子もあり広さは申し分ない

 また、ズボンプレっサーも設置されていた。



浴室も広くて良い


 当然の如く、その日の入浴は 最上階の展望風呂へ向かった。

 お湯はスエスベした泉質で 風呂場に入って滑って転びそうになった

 移動の疲れを癒すにはとても良かった。


 追伸 朝食は 300円と とてもリーズナブルでおいしかった

HOTEL TRUSTY TOKYO BAYSIDE

HOTEL TRUSTY TOKYO BAYSIDE (ホテルトラスティ東京ベイサイド)に今回宿泊。

場所は東京ビックサイトのあるゆりかもめの国際展示場正門から歩いて 10分ほどか?。

私は東京駅から木場経由国際展示場から疲れもありのんびりま歩いたので私の感覚では30分ほど歩いた感じがする。

 い擦れにしてもパレットタウンの島の隣まで歩くので遠く感じる。

 遠くから見るとツインタワーが見えてきて、たぶんここだろうと 重い足を引きずるようにホテルに向かう。

 ホテルの近くまで行くと、結婚式場の案内が出ており、こちらかと 向かうが 玄関がみつからない。

 明らかに結婚式場の説明看板だった。

 どこか ホテルに向かう小道があるのではと探すが これが まったく無く、塀に囲まれており同じ道を戻るしかなかった。

 できればホテルの矢印も併設して出してもらえると助かる。

 道沿いに歩いていくと、やっとホテルの玄関を見つけた。

 閑静な入り口を入ると、ゆったりとしたJAZZの音楽が聞こえてきた。

 疲れた私にはとても癒される。

 チェックインをして部屋に入る。

 指定の部屋は2階であり歩いてきたときに見えたツインビルではなかったのが残念。

 しかし落ち着きのある室内で、室内、風呂も広く一安心。


 別途も とても良く 少し 寝過ごしてしまった。


 定価 12,500円が 今回は 9,000円

 レベルは ☆☆☆☆★か
  少し、遠い分疲れが★に出てしまった。

 室内も静かで とても良かった。

 写真は別途 UPしようと思う


ホテルアルファ・ザ・土浦

 茨城県 土浦駅に降りるのは何年ぶりだろう?
 今回は1泊宿泊し、本日朝からの仕事だ。
 
 さて、今回の宿泊ホテルは「ホテルアルファ・ザ・土浦」だ。
 
 土浦駅の改札を出るとまず 気になったのは、駅の案内がないことだ。

 たぶん どこかにあるのだるうが 周りをみてもわからない。

 初めて降りる人には不親切。不安になる。

 インターネットで予約していたのである程度 目安で左に曲がりエレベーターで1Fに

 さて、駅前1分というので ホテルの看板が見えると思うと これが また見えない。

 目の前には東横のホテル看板だけだ。

 思わず、コンビニにてホテルを聞くと、東横の隣らしいことがわかった。

 早速 その場所に行ってみると、看板にホテル名と、レストランが看板に書いてあり、

 どちらかというと、中華レストラン名の方が大きく見えて 少しわからない感じがした。

ホテルサンルート有明

 今回は展示会の関係で、ホテルサンルート有明に宿泊した。
 国際展示場にも歩いていける便利な場所でもあり、国際展示場を歩きつかれた後は近くのホテルで一泊するのが良いと思い宿泊の予約を行ったのであった。


 早速、ホテルに到着後 バックをフロントに預け、展示会場に行く。

 展示会場はとても込んでいて、その中を 色々と回るのはとても疲れた。

 展示会場を後にして、ホテルにてチエックイン。


  室内は落ち着いた雰囲気。

ホテル有明室内

 ありがたいことに フットマッサージ機がある。
 
ホテル有明フットマッサージ

 早速 足を乗せて マッサージ開始。

 少しすると 体の疲れも取れてきた感じがする。

 早速周りを見回すと、卓上の空気清浄機があった。
 最近の新型インフルエンザ等を考慮すると 最近はホテルで必需アイテムになりつつある。

ホテル有明空気清浄機

 
 お風呂も充実している。
 バスタブの奥に小さく シャンプー等のセットが置いてあるが、これがとても 香りも良く、疲れた体を癒してくれる。


 ホテル有明 アニメティ

 最後には、 このベッドで就寝
 
ホテル有明 ベッド


 ベッドの硬さもちょうど良く、疲れた体を翌日までには回復してくれたのであった。

HOTEL MONTEREY YOKOHAMA

 昨日からHOTEL MONTEREY YOKOHAMAに宿泊。
 移動日は、低気圧が来ており大雨際のチェックインとなった。

 横浜駅から 幾つかのルートはあるが、大雨及び倹約もあり、ホテルに問い合わせして一番近いルートを聞いた。

 その中でバス停があることに注目し、確認した所 横浜駅東口から26番系統で山下公園前で下車するのが近いとの事で、早速バスに乗り込んだ。

 あいにく小銭を持っていなかったが、SUICAを持っていたので、そのまま 初乗り運賃を電子マネーで支払った。

 外は大雨なのでどの辺を走っているかわからず、バスの停車駅に聞き耳を立てていた。

 そんな中、携帯電話のナビを思い出した。
 リアルタイムで見れるのか?

 早速登録している モバイルGoogleマップにアクセス。
 早速自分の位置を点滅してくれる。

 そのまま バスが移動すると 当然の様に移動するのである。
 これは便利!

 山下公園の周辺が地図に入ってきた。
 そろそろだ と 思っていると バスの案内が流れる。

 早速 停車ボタンを押す。

 22時頃に着いた事もあり、この辺で降りる人もまったく無く、バスから降りると容赦ない大粒の雨が体に当たってくる。

 ホテルを探すと 斜め前方に 目的のホテルがあった。
 
 大雨の場合だったからだろうが、近くまで行ってくれるバスが正解だった。

 早速 チェックイン。
 
 カードキーを入れるが エラーで反応しない。

 仕方なく フロントに戻り 再度 カードキーの再設定をしてもらい部屋に入った。

 部屋の場所は 山下公園が見下ろせる 海側のツインの部屋というとても良い場所であった。

 室内の装飾も、ホテルのHPとまったく同じで感動である。
 
 ドアとじゅうたんの隙間にも、きちんと隙間が無いように防音も完備している。
 (隣の話し声は少し気になるが)

 他のホテルと比較しても、ホテルのHPと同じ環境の所に泊まる事が出来てよかった。
 
 モントレ1

モントレ2

モントレ3

モントレ4

モントレ5

アニメティも揃っている

モントレ6

お風呂も広いのでゆったりと出来る

モントレ7

ペアのオリジナルマグカップも完備

モントレ8

部屋の窓から見た風景

モントレ9
モントレ10





桜は三分咲きか?

 昨晩のホテルはとてもゆっくりと眠ることが出来た。

 ホテルから出ると、冷たい風が肌を刺してきたが、その風は私にとって 春を感じる風であった。

 何気なく 並木道の桜の木を見上げると、そこには 約3分咲き程であろうか、桜が咲き始めていた。
 
 もう 春。やっと春。色々な春が来た。

 景気もこのように咲いて欲しいと祈るばかりだ。

 

HOTEL LUNGWOOD(ラングウッド)

 朝から強風で特急電車が遅くなり接続の新幹線の出発時間が遅れるなどのトラブルがあったが、何とか予定通り東京駅に到着することができた。

 本日は、LUNGWOOD(ラングウッド)に宿泊。
 
 楽天のインターネット予約で宿泊
 
 当初、安価 と思って宿泊登録し、一安心したが、その後の メールで驚き!
 早朝6;00割引での価格というのだ。

 あせってホテルに問い合わせしたところ、とりあえず 現状の価格で11;00チェックアウトOKというので一安心。

 当ホテルは日暮里駅からすぐというのっで予約したが、私が日暮里駅に降りるのが初めてで、このホテルを探すのに逆方向に行ってしまった。

 途中 人に聞いて無事ホテルに到着。

 一応 ホテルは広くて一安心。
 防音も 良い感じで本日はゆっくり眠れそうだ

ラングウッド 全体



 ラングウッド 全体2


ラングウッド ベッド


ラングウッド トイレ


常識。非常識?

 本日朝 ホテルでバイキングによる朝食を食べた。
 その時であるが、バイキングの食事をどれにしようかと思ったところ、ホテルのウエイターが朝食として 白米、玄米ご飯、お粥等があるとのことで説明をしてくれた。

 玄米ご飯があるなんて珍しいので、玄米ご飯を食べようとトレーを置く場所を探した。

 あいにく テーブルに置くことができず 戸惑っていたところ サービスで私にウエイターがご飯を盛ってくれた。

 その時であるが、ウエイターがご飯を しゃもじですくってご飯茶碗に盛ってくれた。

 その回数は1回。

 つづけて盛ってくれると思ったら 何と1盛だけだ。

 私の常識として1回だけ盛るのは 死んだ時だけ。

 通常は 少しでも良いので 2回以上は盛るものだと 子供のときから教えてもらった記憶がある。

 私はこの行為に 個人的ではあるが 不信感を持ってしまった。

 サービス、ホテルとも問題はないが、 もう このホテルには泊まる事はないだろう。

第一イン池袋

 本日は、久しぶりに 銀座の天一でのんびりとおいしい天ぷらと大吟醸での会食後ホテルに向かった。
 海外出張の帰国した週には 都内への日帰り出張が入り 落ち着く日がなく、且つ昨晩も飲んだのだが そのお酒は 量を飲む酒だったので まったく 面白くなかった。

 その事もあった為か、本日の会食はとても充実していた。

 名店での食事は、その職人の1つ1つの動作、料理に気持ちが込められている。

 そして、その食事を後ろからサポートしてくれるアシスタントの動きがとても絶妙でうれしい限りだ。

 ほろ酔いで本日の宿泊先である 第一イン池袋に到着。

 池袋から徒歩2分ということで 場所は良い。

 メイン道路の後ろにあるので 静かな感じたと 思って部屋に入ったが、少し落ち着くと 電車の音が気になるようになってきた。

 それもそのはずで、窓の外には 線路が見えている。

 徒歩2分 そこは 線路の隣に建っているホテルであるのだ。

 駅に近いことはあるが 防音でも少し漏れてくる電車の通過する音は気になるものだ。

 室内は、シックな色調に統一され まあまあ 良い感じであった。

第1イン 机


 ベッドは広めでした

第1イン池袋 机


第1イン池袋 トイレ



 ★★☆☆☆ 線路側の部屋で外の電車の音が気になったので 星2つというところだろうか? 

タイのアユタヤ遺跡めぐり

 もう最終日となったが、現在宿泊している周辺は 世界遺産となっているアユタヤである。
 
 先日の約1週間居て少しづつではあるが 周辺の地理がわかってきた。

 現在のホテルから 旧市街に向かっていくと その世界遺産のアユタヤ遺跡を含め 様々な寺院が多く点在している。

 詳細について記載したいところだが、これから 日本に向け 出発しなければならない。
 この後の内容は 帰国後記載することにしたい。
 

腕を刺された? かゆい

 気分良くマンゴーで締めた翌日であるが、ベッドから下りて 朝の支度を行っていた時である。
 何気なくベッドを見ると 茶色い小さな動く物がシーツの上と枕の上に居た。

 蟻より小さな物で ノミ????。 でも違うな。
 
 思わず 体を引いて このままでは 明日が危ないと 爪で潰した。

 これで安心?かと思いながら それ以外のシーツ周辺を見たが 無かったので一安心


 仕事をしていて、右上腕部分がかゆいのを感じた。

 何だろうと思って見てみると 少し赤く腫れ上がっている。 ああああっ

 たぶん 朝見た 虫に噛まれたのだろう。

 そう言えば、同僚が前日 かゆいと言っていた 場所も 同様に 右上腕部。

 全く 同じ部分だったのだ。

 同僚の腫れ具合及び私の腫れ具合を見ていたが 広がる様子は無く まづは このまま かゆみ部分が引けていくか様子を見ようと思う。

マンゴーとリポビタン

 仕事に行く途中では夜タイに到着して移動した雰囲気とは全く違った 活気のある風景が見えてきた。
 特に 通勤用に会社がチャータしているバスがとても 派手なペイントをしているの目を引く。

 さて、昨晩は現地のトムヤンクンを食べ、最後の締めに 露店とセブンイレブンに立ち寄った。

 露店では、様々な果物を販売していたが、目当ては マンゴーである。
 
 色々見ていたら もう既に カットされたマンゴーを見つけた。 何と20THB(約60円)
 これは良いと早速購入した。

 また、セブンイレブンにはタイの方々が食べているのが何かを知りたく入った。

 面白いのも多々あったが まづは自分の体力を維持しなければならない。

 早速栄養ドリンクを購入 12THBと格安。 効くかは?

 駐在員の間では、ゴルフ前に栄養ドリンクとミルクを混ぜて飲む ”リポミルク”が人気のようだ。

 
タイマンゴー

無事タイに到着

 昨日 約16時間を経てタイに到着した。

 飛行機から降りた瞬間 トムヤンクンの臭いがして来た。

 私の後から飛行機から降りた人も同様に 言っていたのが印象的なタイの最初の一歩となった。

 空港は、2年前に新築された空港でとても綺麗な空港であった。

 空港でドライバと待ち合わせし、予定のホテルに向かったのであった。


 タイ 空港

タイに出発します

 本日、よりタイに7泊8日で出張する。
 もう少し寝たかったのだが、一旦目が覚めてしまうと中々寝付けず布団の中で1.5Hも転がっていた。
 さすがに、時間がもったいないと 起きる事にした。

 最初に天候チェック。 国内、タイ共 特に フライトに影響は無い様で一安心だ。

最後のホテルは決まっていないが まあ良いか

 中国の一部ホテル予約について、結局 1個所決まらかった。
 それは、現地で格安のホテルを決めることになった。
 
 
 

ホテルがまだ決まらない

 今回は2月17日から成田フライトで中国に行くが、この飛行機を取るのに苦労した。

 旧正月明けの翌週であるので 便が空いていると思ったら、格安チケットは品薄。
 今回は国内空港会社は満杯で、中華国際航空にての移動となる。

 初日は、成田からオリンピックが開催される北京に移動。
 そこから、天津に行くのである。

 まづは最初に訪問する所は、出迎も、相手も中国の人であるのでどうなることやら・・・

 現在、旧正月なので 先方と最終的な確認が取れず、まだホテルが決まっていない。

 明日には決まるか?

来週は中国だ

 中国は旧正月前に 50年ぶりの大寒波で交通機関は大混乱した。
 そんな中、来週は 中国に行く訳だが天候は大丈夫だろうか?
 少し、心配だ。

 

千葉のホテルニューツカモトへ

 もう 0:00時を過ぎたので 本日になるが、JRビジネスパックを用い出張だ。
 宿は千葉のホテルニューツカモト。

 ここは 結婚式場も出来る大きなホテルである。ここが ビジホとしてやっている。
 何度か活用しているが、当時あった 喫茶店の所を取り壊し現在はコンビニが一緒になっている。
 
 従って遅くなっても、そこで 購入できるのが良いのがポイントだ。

 久しぶりに泊まるが、現在は変わっていないか? 確認したいと思う。



カードの検討

 さて、海外出張の場合には、どうしても カードのお世話になることが多い。
 この中で、どの様なカードが良いかは 各自の生活スタイルでずいぶん変わってくると思う。

 今まで航空会社のカードを利用していたが、安価で且つ、保証の付いている物が無いかを探していた。
 そうした所、以外にも オリコカードが 良いことがわかった。
 
 年会費の定義があるが、これは 少しでも購入すれば 無償になると言う物であり、大変良い感じなので紹介する。

 私も、今回 入会しようと思う。









AX

出張時の天気は?

 中国出張が来週に迫ったこともあり、その場所の天気をしら下手見ることにした。
 結果は 殆ど曇りのち雨。 そして 湿度も高いと来ている。

 これは、あまり快適な出張とは行かない感じである。
 
  まあ、殆どが 部屋の中での仕事であるからあまり気にはならないが、屋外に出たときの高温多湿は 良くない。

 タオル1枚は何か用に持って行くようにしようか?と、思う



この場に及んで予定がまだFIXしない

 深センの向かいの手はずを何とか済ませた。
 結局、タクシーは使わずに済みそうだ。

 しかし、最終顧客との調整が済んでいない。
 また、勝手にホテルがまた変わることになってしまった。
 
 これで、3回目の変更となる。

 いやはや 困ったもんだ。

 やはり、複数の場所及び、相手がいるとうまく行かないのだろうか?

 それは割り切って 出張の準備をしなければならないと感じる、この頃である。

 さて、海外の準備も着々と進んできたので、今週末には国内移動のチケットを取る番である。

 またしても、ぎりぎりの予約となりそうだ。



深セン国際空港

 今回、抗州から深セン国際空港に移動する訳だが、ここで ひとつ重大な問題が発生した。
 ひょっとしたら、迎えが無い可能性が出てきた。

 最悪は、タクシーでホテルまで行かなければならなくなった。
 さて、その方法はどうしたらよいのか?

 これにはHPにてさまざまな情報を得るしかないという結論だ。

 まづは、空港の状況がわからない。これを調べるべくHPを検索。

 深セン机場のHPを探し出した。

 ここで、到着の方法について調べてみると、その手順が漫画チックに記載されていて、わかりやすそうだ。
 (クラシックの音楽が心を癒してくれるが、どうやってタクシーに乗ったら良いかで上の空である)

 再度、メインのページからタクシーを捜す。
 そのTAXIのテキストをクリックするが、期待に反して バスの宣伝ばかりで駄目であった。

 他、HPを検索すると、「深セン生活情報」にたどり着いた。
 ここの一部にそのタクシーの乗り方が書いてあった
 
 一部、引用させてもらうと「料金は“メーターで行け” [打表(Da biao)]といってみてメーターを倒せばよし。[打表]に応じないなら行く先を告げて出発前に値段を交渉する方がよい。」
 
これしかないか?と 腹を少し据える。









 

中国出張準備(移動ルート調査)

 今回の出張先は杭州と東莞であるので、どのように移動するかがポイントとなる。

 最初に考えたのは、香港経由で移動すると旅費が抑えられると考えた。
 地方からの国内移動ともなると、AM発の場合には前泊が必要で、それであればどこで泊まっても同じである。
 ならば 香港と考えた次第である。

 さて、香港までは地方からでも夕方便があるのでその日中に香港までの移動が可能だ。
  
 この場合の宿は 空港近くのホテルか、香港市内まで行くかの2つに分かれると思う。
 
 ルートは以下となる。

 翌日 香港→杭州。

 帰りは 杭州→深セン→東莞 

 そして 東莞→深セン→香港→成田だ。

 この場合、香港まで船で行くことも可能である。

 旅行会社に確認したところ、結局は 高いことが判明。

 金額で数万か?

 従って、無難なルートで移動することになった。

 Step1:自宅→成田 泊

 Step2:成田→杭州
 
 Step3:杭州→深セン→東莞

 Step4:東莞→香港→成田→自宅

 である

 まあ、この方が 香港ドル、中国元の両方を持つ必要は無くなるのでその分の費用、手間が無くて良い結果と思われる。








中国出張準備(飛行機の時間帯調査)

 さて、5月22日から中国に移動だ。
 出張先は杭州と東莞である。

 中国 杭州に行くには、複数のルートがあるが、最近は観光用に直行便も就航しているので、以前に比べ交通は良くなった。

 飛行機各社あるので、曜日で飛ばないと言うことも航空会社を選ばなければ全く問題ない。

 国内航空会社ではJAL、ANAが就航している。今回はJALにて行く事にした。

 次は、中国国内の移動である。これは日本のHPで探すことは難しいので、航空会社のHP及び旅行会社の検索エンジンで探す事とした。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。